カレーうどん調理後

どうも、冷凍食品大好き黒田ぐー太です。

今回はテーブルマークさんから発売中の

テーブルマーク『讃岐麺一番 カレーうどん』

を紹介します。

[prpsay name="ぐー太" img="http://gu-ta.com/wp-content/uploads/2019/07/kurodagu-ta-1.jpg"]コシの強いうどんとクリーミーな和風カレースープがベストマッチ![/prpsay] [rate title="テーブルマーク『讃岐麺一番 カレーうどん』"][value 4 end]おすすめ度[/value] [/rate]

テーブルマークのカレーうどん

かつおだしにスパイスをきかせ、牛肉やたまねぎの具材のコクをプラスした和風カレースープに、強いコシと、もちもちした食感のさぬきうどんを合わせた本格カレーうどんです。通常よりも短く、汁はねしにくい麺を使用しています。
引用:テーブルマーク公式サイト

栄養成分表示(1食あたり)
熱量 486kcal
たんぱく質 11.6g
脂質 14.9g
炭水化物 76.3g
食塩相当量 4.9g
[alert title="本製品に含まれるアレルギー物質"]小麦・ごま・鶏肉・乳成分・さば・豚肉・牛肉・大豆・りんご[/alert]

テーブルマーク『讃岐麺一番 カレーうどん』実食レビュー

テーブルマークのカレーうどん

テーブルマーク製のカレーうどん。

2010年に加ト吉からテーブルマークへと社名が変更されましたが、未だに冷凍うどんといえば加ト吉ってイメージ。

カレーうどん内容

外装から中身を取り出したのがこちら。

カレースープの具がめんと一緒に冷凍されていますね。

めんが四角いから小さい鍋だとちょっと解凍しにくいけど、比較的かんたんに調理できるようになっています。

カレーうどん調理後

そして調理後がこちら。

カレースープは通常のカレーよりやや白みがかったスープといった印象ですね。

めんはもちろん本場の讃岐うどん

めんはコシのつよい讃岐うどん。

しっかりとした弾力があって、食べ応えバツグンです。

ちなみにこのめんですが通常よりも短い、汁はねしにくいめんを使用しているそうです。

[prpsay name="ぐー太" img="https://gu-ta.com/wp-content/uploads/2019/07/kurodagu-ta-1.jpg"]こういう気遣いは本当に嬉しいね![/prpsay]

和風だしが決め手のカレースープ

スープはうどんに合うように、かつおだしを使用した和風の味付けになっています。

スパイスもきいているけど、牛肉や玉ねぎのコクが合わさって丁度いいマイルドな仕上がり。

めんとスープがうまくまとまっていて箸が止まらなくなります。

気付いたらスープまで完食しちゃってました。

 

わが家ではテーブルマークさんの肉うどんが常備品になっているんですが、カレーうどんもストックしておきたいなぁ。

また冷凍庫がパンパンになってしまいそうです・・・w

テーブルマーク『讃岐麺一番 カレーうどん』の商品概要

テーブルマークのカレーうどん

商品概要は以下の通り

商品概要
商品名 讃岐麺一番 カレーうどん
商品内容 ゆでうどん(305g)
カロリー 1食当り486kcal
保存方法 冷凍(-18℃以下)保存
解凍前
加熱の有無
加熱してあります
加熱調理
の必要性
加熱してお召し上がりください
賞味期限 枠外の右部に記載してあります
アレルギー物質 小麦・ごま・鶏肉・乳成分・さば・豚肉・牛肉・大豆・りんご
原材料 めん〔小麦粉(国内製造)、食塩/加工デンプン〕、カレー〔牛乳、カレールウ、野菜(たまねぎ、ねぎ)、オニオンペースト、牛肉、ポークエキス、ビーフエキス調味料、牛脂、ラード、砂糖、しょうゆ、ウスターソース、香辛料、果糖ぶどう糖液糖、がらスープの素、食塩、かつお節、かつお節エキス、さば節/調味料(アミノ酸等)、加工デンプン、乳化剤、カラメル色素、酸味料、香料、香辛料抽出物〕、(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)
販売者 テーブルマーク株式会社
製造所 テーブルマーク株式会社

パッケージ背面

背面はこんな感じ。

 

内容(解凍前)

入っている内容は、以下の通り

[list class="li-check li-mainbdr main-c-before"]
  • 具付めん
[/list]

カレーうどん内容

調理方法

調理方法は鍋調理のみ。

パッケージ背面

電子レンジ調理

① 鍋に約200mlのお湯を沸かします。

[prpsay name="ぐー太" img="https://gu-ta.com/wp-content/uploads/2019/07/kurodagu-ta-1.jpg"]お湯の量は好みに合わせて調理してね。[/prpsay]

② 凍ったままの具付めんを具を上にし、やけどに注意して鍋に入れます。

③ 再び沸騰したら、よくかき混ぜながら中火で約5分加熱し、器に移してお召し上がりください。

[rate title="テーブルマーク『ごっつ旨い 大粒たこ焼』"] [value 5]おいしさ[/value] [value 3]調理の手軽さ[/value] [value 4]コスパ[/value] [value 4 end]総合評価[/value] [/rate]

▼こちらの記事もおすすめ▼

[kanren id="713" target="_blank"] [kanren id="708" target="_blank"] [kanren id="301" target="_blank"] [kanren id="113" target="_blank"] [kanren id="431" target="_blank"]

現在、ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

にほんブログ村

[prpsay name="ぐー太" img="http://gu-ta.com/wp-content/uploads/2019/07/kurodagu-ta-1.jpg"]この記事が参考になったと思ったら、クリックして頂けると励みになります。[/prpsay]
おすすめの記事